林檎

  • カテゴリ:過去
  • コメント:2件
  • トラックバック:0件
最近の英語の授業で、
黒澤明監督の映画「生きる」を見ています。
(日本語版)
これにはそれなりの理由と策略が?
教科によって授業時間余るもんね。

登場人物の心の描き方など
流石黒澤監督と言える作品ですね。
まあよく知らなかったんですけど。

そういえば眼鏡の人がパロディしていたような
タイムリーネタですね。ザ・ムービー。
とにかくヒューマニズム!

コメント

トラックバック