private States

リン「今日は私たち、鏡音リンと」

ミク「初音ミクから重大なお知らせがあります。」

リン「なーんてかしこまってみたけど!」
ミク「こういう場合たいてい大した発表じゃないんだよね。
   どうせまた私たちが歌った曲がCarmbeatに入るとか何とかでしょ。」

リン「まーたー?」
ミク「疲れるよね~」
リン「どっかのアイドルみたいに双子で交代交代にしてほしいっての!」

ミク「…それは貴方。中の人が」
リン「おーっと重大発表ってなんだろー気になる~!」
ミク「・・・。」
リン「ただ単に私達の歌を使うだけなら、
   流石にこんな記事作らないんじゃない?」

ミク「それは言えてるね」
リン「今までに無いパターンって事だ!」
ミク「パターン青!使徒です! …とか?」
リン「え?」


ミク「いや・・・あ、わ、分かった。パプが歌うんだ!」
リン「パプが?」
ミク「そ、そうそう。」
リン「去年の悪夢を知らないの?」
ミク「悪夢?」
リン「あなたとハモって歌ったじゃない。」
ミク「あっ。」

リン「思い出した?」
ミク「確かに。」
リン「そういう事だ。」
ミク「カラオケならともかくね~w」
リン「また歌いたい?」
ミク「私は歌うために生まれてきた。」
リン「それは分かるわ。」
ミク「でも、少なくともCarmbeatには向かな」
リン「まどろっこしいわね!」
ミク「!?」

リン「知ってるんでしょ。発表の内容。」
ミク「…でも…一応禁則事項です。」
リン「それじゃ発表にならないじゃない」
ミク「確かに。」

リン「じゃあ私が言うわ。長い。
ミク「長いっ!?」

ミク「ロングノート・・・は最近やったよね?」
リン「そうね。」
ミク「それじゃないと。他には例えば?」
リン「ロング曲?」
ミク「あるしね。今更言う事でも無い。」
リン「超ロング曲?」
ミク「ギクッ」
リン「ギクッ?」
ミク「ミ…初音ギク。…ミク。」

リン「そうそう。灰色な曲らしいよ。」
ミク「また際どい所から持ってくるの。」
リン「ギリギリなアレンジこそ面白い」
ミク「私も法の隙間のおかげで活躍していたりもするし…」
レン「触れないのが一番だね!!」
ミク「何でも、金持ちがキーらしいよ。」
リン「へえー」
レン「ちょ…聞いてる?無視はひd…」
ミク「何にせよ、長いだけなら別に驚く事じゃないんじゃない?」
リン「長いだけならね。
レン「いつから俺ってそんなキャラに…」

ミク「あとソフランがあるとか?」
リン「あるとかないとか。」
ミク「とかとか。」
リン「ソフラン有りで長いって言ったら」
ミク「あれね。作曲者は既に死亡してい」
レン「ソフラン曲と言えば!ヴぁ!
   満月のステージはBPM58-116でまったりとしながらも結構嫌らしくて
   楽しい譜面だったよね!ね♪」

リン「古典的なラストの引っ掛けに苦笑したよ。」
ミク「あの黒歴史な鏡設定か。」
レン「え、ええっー!」
リン「実際、私も歌ってるし」
ミク「今さら流行らないと思うよ。あの設定は。」
レン「数少ない見せ場のある曲なのに」
ミク「見せ場が欲しかったんだ?」
レン「ま、まあ。」
ミク「パプの伝えとく。」
リン「そうね。じゃあプリティパンティでもお願いしようかしら」
ミク「ふふふ」
レン「や、らめええええ」


キャラ設定がドロッセルの影響受けてる。
(どっちかと言うとミミニャミ風にしたいらしい。)

コメント

トラックバック