THE IDOLM@STER MASTER SPECIAL SPRING

  • カテゴリ:音楽
  • コメント:1件
  • トラックバック:0件
MS SPRING レビュー

出逢い、そして別れ・・・
アイマス待望の春アルバム、ついに登場!
MASTER SPECIAL SPRING の感想です。
2010年3月17日発売

今回もオリジナル新曲とカバー曲との組み合わせです。


【感想】
■1.チェリー 歌:天海春香、水瀬伊織、我那覇響、秋月律子、菊地真、萩原雪歩
メリー(2007年冬)の歌詞から来てるんだよな…。
凄いよね。3年前の冬の出来事をちゃんと踏まえた歌詞って。
思わずちょっと鳥肌立った。

青春どうぞよろしく 走り出したチェリー!
スピッツのチェリーとは違った見解で、
もしかして季節曲の中で一番の出来かも。合いの手含めて爽快だよね。

メリー(冬)、サニー(夏)、チェリー(春)と来たら
秋はハニーだと思います。
ポニーとかも考えられるけどね。ハニーは割とあるんじゃないかw

■2.SCENE01
駄目だこのいおりん何とかしないとwww
甘酒&お花見なら合法アルコールですよね。
って伊織それはアルハラになるっww

響や閣下が可愛すぎる。結構響と伊織優遇されてて俺万歳w
律っちゃん相変わらず過ぎるね(良い意味で)
それと真がイケメンすぎる(男性的な意味で)
雪歩は黙ってて!!(歪んだ愛情表現の例)


■3.春 歌:我那覇響(オリジナル:小野真弓)
原曲知らないのですが、響声良いなぁ。(脈絡無い文章の例)
なんだか凄くほのぼのしてきたゾ!でも歌詞見ると苦難を乗り越えた後のほのぼのかな。
響が歌えばなんでもOKさ←

Cメロの入りとか90年代っぽいけどこれでも2004年の曲なんだよね。
普通に良曲です。春の風は僕を乗せて何処まで行くだろう
口笛たまんねー!

■4.色・ホワイトブレンド 歌:天海春香(オリジナル:中山美穂)
あざと…いやなんでもない
なんだか春香さんが大人の雰囲気だ。
春と言えば春香なのに、比較的地味な…選曲ですよね。

そんな所こそ本来の春香の良さですか。
結構気に入った。原曲も聞いてみようかな。
竹内まりやとか、山下達郎も関わっているんだっけ?


■5.明日、春が来たら 歌:菊地真(オリジナル:松たか子)
走る君を見てた 白いボール きらきら

あれ?真が普通に女の子だ。と見せかけてやっぱり男の娘だった。
メインメロの旋律とか秋桜…つまり村井さんっぽい所あるかもね。

■6.SCENE02
いおりんの甘酒マジ最高!!
いつまで酔ってるんだw
ウェーイ!

■7.はるのきおく 歌:水瀬伊織(オリジナル:小松未歩)
小松未歩さんはFIELD OF VIEW の「渇いた叫び」とか作詞作曲している人です。
あっちの方の遊戯王ね。

くぎゅううううううううううううううちょっと待て何この神曲
フタリの記憶、隣に…とは関係無いですけど雰囲気は似ている。
失くしたからこそ大事に想っていくよ。

握手をしたら 今は ふり返りはしない

伊織は単なる、感情がすぐ表に出る釘宮キャラと違って
自分の夢や考えをしっかり持った強いツンデレだったりして
強さも弱さも全て受け入れて尚歩んでいく所とか見ていてぐっと来ます。


■8.For フルーツバスケット 歌:萩原雪歩(オリジナル:岡崎律子)
フルーツバスケットが来ました。少女漫画だし渋いね!
雪歩と言えば千早と同じくらいいじり易い…うーむ弄るってのとは何か違うか。
曲は普通に普通なのでコメントし辛い。ぱぱぱぱ~。

■9.旅立ちの日に… 歌:秋月律子(オリジナル:川嶋あい)
クド!クドリャフカ!
律っちゃんの伸びやかな歌唱はLittle Nonのバラード曲に似てて良いですね。
歩行者天国とかそういう。
やっぱり知ってる曲だとより一層感慨深いね。校長おめ!

普通にシングルで出して売れるレベルだぞ…。
抱きしめてほしいし抱きしめたくなるような一曲です。律っちゃんも大人だ…。

■10.SCENE03
真のオーバーリアクションにまこまこりんだ。
三人続けてこの選曲だと胸が痛いよね。春のアフターパーティー。

うわああ
ここでこのBGMか…

楽しい時間を楽しかった時間にするために、またね!

■11.またね(M@STER VERSION) 歌:天海春香、水瀬伊織、我那覇響、秋月律子、菊地真、萩原雪歩
もうやめて俺のライフは0よ


時期としては5月の曲。

あの日出会わなければ 今も知らないまま
奇跡だね 不思議だね?


■12.SCENE04
"たち"

■13.笑って! 歌:天海春香
最高です。
本気です。
新曲です。

有終の美を飾ったね。こんな綺麗に終わっていいのかなw

■14.またね(M@STER VERSION) オリジナル・カラオケ
■15.笑って! オリジナル・カラオケ
歌・トーク:天海春香(CV中村繪里子)、菊地真(CV平田宏美)、秋月律子(CV若林直美)、
水瀬伊織(CV釘宮理恵)、萩原雪歩(CV長谷優里奈)、我那覇響(CV沼倉愛美)

・総括
春らしく、この6人は、ちょっとだけ大人になりました。
落ち着いたリズムの曲が多くて、覚えるのに時間が掛かりそうです。
MS冬と比べて、個性的要素や強烈な歌声は少ないけど、
その分周りからじわじわ攻めてくる所が、春らしくて良いんじゃないかなとかね。

一曲一曲それぞれが非常に深くて
実際演奏時間も5分超えの曲が多いし、
じっくり味わうともっともっと感じる事が多そうな選曲でしたね。
俺得なトークも美味しかったです。

冬も春もハイクオリティな作品をありがとう!
夏秋も待ってます!



甘酒について
「酒」の名は付くが、実際にはアルコール飲料ではなく、未成年者でも飲用が許されている。
しかし、原料に含有され、あるいは製造過程で生成されることでアルコールが含まれることがあり、
酒に弱い者(特に幼児)が大量に飲むと酔う可能性がある。

酒粕が甘酒の原料に使用されることがあるが、酒粕には、日本食品標準成分表によると
アルコール分が約8%程度残存している。 (略)
ドライバーが出席する場や未成年の集まる集会での振る舞いが見送られることが多い。

!?

コメント

トラックバック