【IIDXコラム】エフェクターを使いこなそう

弐寺の特徴であるドでかい台座付き筐体とエフェクター。使いこなしていますか?
「ピッチを弄るとカオス。エコーやリバーブは何か音が大きくなる。」
これくらいの認識しか無い人、あるいは使ってない人も居るのではないでしょうか。
せっかく全ての筐体にエフェクターが付いているのだし、もっと活用してみましょう。
effector_panel_echo_reverb.png 公式のHOW TOも参照

左から(上)エフェクトボタン、(下)VEFXボタン、VEFXスライダー、Low-EQ、Hi-EQスライダー
そしてフィルタースライダーとボリュームスライダーの順になっている。

ちょちょちょっと待ってEQだのフィルターだの何ぞや?と。1つ1つ調べていこう。
・effectボタン エフェクトをオンにする。(オンにした時はVEFXモード)
・VEFXボタン エフェクトオン時にモードをVEFX→EQ ONLY→PITCH→VEFX…と切り替える。
(あと譜面難易度を変更する。)

◇VEFXモード時・・・全ての効果が適用される。
◇EQ ONLYモード時・・・イコライザーとフィルターのみの効果を出力。
◇PITCHモード・・・言わずもがな。曲のピッチを変更する。
(VEFXスライダー上下)

・VEFXスライダー VEFXモード時に、エコー4~1~リバーブ1~3の効果をかける。
・Low-EQスライダー 低音域の音量を上げ下げする。
・Hi-EQスライダー 高音域の音量を上げ下げする。
・filterスライダー ここを下にするほど低音を減らす。(通さなくする。)
・play volumeスライダー 音量(キー音の音量?)を上げ下げする。


「お、おう?なるほど分からん。」状態の人は
ひなビタのあのね(第10回 トラックダウンってなあに?) もチェックだ!
EQ(イコライザー)とは厳密には音質を調整するもの。

まずエコーとリバーブの違い。どちらも音響・残響とか訳されるが。
エコー=山彦のような残響
リバーブ=地下駐車場のような残響

要は音の響きを増大させる効果だが微妙に違いがある。

イコライザー~フィルターとボリュームはゲーセン側の設定にもよるが
こだわりが無ければ一番上固定で良いだろう。(うるさいと感じたら下げる感じで。)

で、どれが合うのかと言うと曲&人によるとしか言えない。
色々自分で試してみて耳で感じるしかない。
エコー4全MAX安定の人も、たまにはリバーブを使ってみたり、
あるいはイコライザーを調整してみるのも良いだろう。
いつも聴いている曲が、違った雰囲気で楽しめるのだ。
ピッチは基本ネタだが、mnemoniq(ニーモニック)やサファリ何かでは効果的に使える。

コメント

トラックバック