名作を読もう

ドストエフスキーの「罪と罰」一気に読みました。
タイトルからしてもう、難しそうだとか、面妖だとか、
哲学的な本なのかな?とか感じられるものですが、読み始めるとパパっと読めました。

ブクログとか登録しています。

趣味と言う程たくさんの読書はしておりませんが、こういうのも良いでしょう。
登場人物1人1人の思想、ここの描写が流石の名作と言った感じ。
まあ読むきっかけはIIDXの楽曲と、「ごちうさ」なのですけどね。

次はニーチェかな?

コメント

トラックバック