スマホの電池を長持ちさせるには。

  • カテゴリ:PC等
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
iPhone5sを前提に書いている。それ以外でも大体同じかな。
画面の明るさやメールの受信頻度、画面ロック等基礎的な事は除外。
それらを踏まえて更に電池を長持ちさせるために「機内モード」を使ってみた。

機内モード中は全ての通信がオフになり、通話もできない。
電源オフ程面倒くさくなく、カメラや電卓・メモ帳等を使えるのが利点だ。
※ただしwi-fiがあれば通常通り通信する。電池目的ならwi-fiもオフにしよう。
機内モード中の着信は基本メッセージ等に履歴が入り、メールは再通信時に一気に来る。

待機 1時間で-1%  (機内モード)
・待機 1時間で-3%~ (LTEオン)

およそ3倍も違ってきたぞ!(赤いね)
例えば7時から17時まで待機させた場合、機内モードなら100→90%程度だが
通常の画面ロックのみで待機すると100→70%以下になる。
何も使わなくてこれなのだ!

・使用 1時間で-10~-20% [5分で-1%前後] LTEオン ※通信等により大幅に変化。
LTEと3G通信が頻繁に入れ替わる不安定な場所では使用量が増えた。

例えば1日累計3時間くらいスマホを使うとすると、-30~-60%。
現実的にはつけっぱなしにするより数分ずつチラ見る事が多いので、電池消費は多め。
-70%と想定すると・・・
待機時機内モード100→20% 一応残りそう。
待機時普通100→0! 既に残量枯渇!  この差は結構でかいと思う。

6時から21時の15時間使う場合、機内モードで85%、通常待機で55%しか使えないのだ。
逆に短い外出など小用の場合、30%あれば概ね足りるだろう。(1~2時間程度)
※ちなみにwi-fi環境が無い所に居る場合、必ずwi-fiをオフにしよう。
オン状態だと一々ワイファイ電波を探すので、少し電池消費が増える。

☆充電 1時間+30%前後   [2分で1%]
3時間~3時間半でほぼMAXだろう。

なお寝る前100%でも通信していると徐々に減少する。
10時間で-30% (機内モードで-10%) 前後だ。
気にするのなら睡眠中の電源オフも視野に入れよう。
(中学の頃伊401ちゃんみたいな娘、クラスに居たなぁ。)

コメント

トラックバック