メダルゲーム サーカスキッズを確率で考える

  • カテゴリ:GAME+etc
  • コメント:1件
  • トラックバック:0件
富士電子の子供向けメダルゲーム
「サーカスキッズ 」「でるでるキッズ」「ビンゴキッズ」「ニャンドラキッズ」
球を5つ並べると50枚出るやつと言った方が分かりやすいかもしれない。
(後者2つの台は少し勝手が違い、99枚まで狙える)
BjujE3-CcAADb--.jpg DSC07874.jpg
・1BET1球
・球が2つ同じレーンに入ると、全ての球と配当が没収。
・配当は横並び2つ=3枚、3つ=5枚、4つ=10枚、5つ=50枚
・左右2つの穴には球が残らず、通過時にルーレットチャンスに発展。
ここで当たった場合の枚数は即排出される。当落問わず盤面への変化はない。
☆「サーカスキッズ 」は5/2/30/3/10
放出機はルーレットのランプが複数個になる。(当選確定、最高33~43枚?)
2個か3個までは体験済み。5個とかあったっけ?
☆「でるでるキッズ」は8マス進むとゴールで30枚
3枚/1すすむ/ゴール/1すすむ/3枚 超高速に動くプレミアはゴール濃厚?
・ペイアウト時の配当は直接出るタイプが多いが、クレジットされる台もある。
50枚が勢いよく出る様子は気持ちいい。

確率的に考えると、5つ全てに入る確率は(左右2つの穴は無視する)
(4*3*2)/(5^4)で3.84% 期待値1.92枚。
そこまで辿り付くのに5枚は掛かるので、操作が無くても確実にプレイヤーが損する。
そもそも風や磁石での操作は、筐体が劣化すると使い物にならないですしね。

・3枚の当選率 2/5*3/5+1/5*2/5 =0.32 期待値0.96枚
・5枚 4/5*3/5*3/10 =0.144 期待値0.72枚
・10枚 4/5*3/5*2/5*2/5 =0.0768 期待値0.768枚
・6枚(○○空き○○) 4/5*3/5*2/5*1/5 =0.0384 期待値0.23枚
実際は途中で止めたりゲームオーバーになったり、左右2つの穴があるのでこうは行きませんが
全ての配当チャンスを同時に狙えていると仮定すると、期待値4.598枚前後。
それでも5枚投入するので確定で損していきますね。
このような物理抽選ゲームに操作は不要なのも頷けます。
ただ、基本的には4つまで並んだら挑戦した方が良さそうです。
なおビンゴ~ニャンドラ~はルーレット穴ばかり狙うのが正解の模様。

発射時のラグが不明ですが、特に無い場合は技術次第で結構稼げるかもしれない台。

コメント

トラックバック