メダルゲームのペイアウト設定(P/O率)は?

  • カテゴリ:GAME+etc
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
巷では90%前後とか言われていますが、
基本的には機種の最低設定だと思います。(推定80%以下)

特にメダルの安貸し(1000円400枚以上のレート)を行っている店
実質的にクーポンなどでメダル無料配布を行っている店は
ほぼ最低設定と見て問題ないでしょう。じゃなきゃ儲からない。
これから夏休みの時期ですが、この時期は特に全台最低設定でしょうね。

子供向けの小さい店やメダゲー特化店では違うかもしれませんが、
良くても80~95%前後なので長く遊ぶと絶対にメダルは無くなります。
設定1のパチスロが97%前後なので、それよりも不利って感じです。
※ゲーセンスロも基本同じですが、クレジットとメダルの交換レートが悪いものや
出来ないもの、現金専用台などは設定6相当の高いペイアウトだったりします。

最近のゲームは良く出来ているので、80%設定でも「そこそこ出てる」ように見せたり
むしろジャックポットで短期的には何千枚も当たったりします。
それでも1週間1か月単位では確実に収束するようにコントロールされます。
スロと違い1回1回のランダム抽選ではなく、過去のイン枚数アウト枚数を参照した抽選なので。
ちなみによほど特殊な店じゃない限り、ペイアウト率の変更は1か月に1回以下だと思います。

メダルゲームの特徴として
・当選時にも特定操作をしないと排出されない。(スロで言う取りこぼしが常時ある)
・非当選が確定していたらどんな操作をしても出ない(スロと同じ)
※一部完全物理抽選機種を除く。
・完全ランダムではなく過去の履歴を参照し収束するように組まれたランダム
スロ以上に長期的に遊べば損をする可能性は高いです。

それでも何とか勝つ、メダルを増やすためには、基本的に人が多い店で遊ぶべきです。
誰かが損すればその分ペイアウト率は自分にとって良くなりますし、
特に初心者さんや一見さんが多く居る店は狙い目だと思います。
ただしマナーは必ず守り、ルールに沿ったハイエナをしましょうね。

コメント

トラックバック