わんことくらそう 感想

  • カテゴリ:GAME+etc
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
ネタバレあり。
2006/04/14発売
ivoryのエロゲー。これを超えるエロゲは無いとも言われる名作。

人型のペットが存在する世界で、ペットには人権はない。
しかしながらシリアス調の話一辺倒でもない、癒やしのあるゲーム。
特にみかんの可愛さは最高級です。

・共通
みかんとの出会い
里沙との出会い
成長と決別 墓地でのシーンは印象的です
軽作業従事犬資格への挑戦 この辺は日常パートっぽい
発情の季節

・撫子/虎太郎シナリオ
撫子ルートでは無いですね。最終的には攻略しないので。
この話は終わり方からするとある意味王道のみかんルートです。
虎の脱走等の一波乱もあるものの、
最終的にはペットと飼い主との絆を実感する形。
万が一わんことくらそうがアニメ化したらこっちベースが良さそう。
比較的色々なペットと交わりますがw

みかんとのラストシーンはまさに屈指の出来。
「尻尾振って、笑ってろよ」

・里沙シナリオ
シルヴィの成長が見どころ。
こちらは最後の起伏が激しく、その割に終わりがあっさりしているので
若干のボリューム不足感はありますが大方まとまっている。
ハッピーエンドではあるがボクは撫子側の話が好き。

・総評
達観した主人公。これに尽きる。
過去を見れば納得なんですが、恋愛観というか人生観が完成されている。
それでいてキザだったりウザさはほぼ無い。
しっかり分かりやすい説明をしてくる。
グリザイアの主人公をマイルドにした感じ?
このおかげで女性陣とも一般的なエロゲとは若干違う感じで付き合っていく。
エロネタを大量に入れつつも「ただの変態ギャグキャラ」や
「イチャラブ」にならないのが面白い。
重くかったるしくならないのに、シナリオの深さはありますね。

確固とした思想を持ちながらも、それを他者に強要することはなく
かと言って「ヒロインに感銘を受けて愛に専念」と言うあっさり寝返る感じでもなく
一定の距離感で話が進んでいきます。
愛とは?人生とは?幸せとは?

睦月かな・クゥのお気楽猫コンビは癒やし。
星華・カイエもオマケでは幸せに。
見た目ロリだがこの辺の子も恋愛や性に関しては結構主張を持っている。
ところで小学生設定?なのにR-18シーンは良いのだろうか。
まあ女同士だったり飼い犬の世話だからセーフ?
地味に未成年飲酒などの描写も(文字だけで)ありますが
まあこれは時代の流れかな。

コメント

トラックバック