デレアニを見返した

名作やんけ。

なんか一部のまとめサイトとかでデレアニは微妙とか言われた事もあるけど
今見ても面白い、オススメできる名作です。見よう!

・語らない美しさ
時計による演出を始めとして
信号機やルービックキューブ、背景のアイテム1つ1つに意味が込められています。
分かりやすい情景描写から、かなりの深読みまで色々盛りだくさん。
説明台詞がだいぶ少ない所も面白さです。

・基本的に原作尊重
みくにゃんの大阪ネタなどマニアックな人にしか分からない物も。

・話としても普通に面白い
よく批判される6話のアイドルやめる!だって、次の7話で綺麗にフォローされています。
確かにあの場面のみを見ると過剰な表現にも見えますが、
続きを含めて2話セットで見るととても納得がいきます。

卯月のS(mile)ING!はもちろんですが、
個人的には17話私色ギフト、18話のHeart Voiceの流れ。
この辺は一話完結ながらとても濃い話。見逃せません。

・作画はぶっちゃけ並
ところどころおや?と言うレベルで崩れています。贔屓目に見ても。
ただし肝心要の一枚絵や決め所では持ち直しているし
全体的には可愛くまとまっています。総評としてはまずまず、並以上に思います。

コメント

トラックバック