名作を見よう・読もう ~名作が名作な理由~

本でも映画でも漫画でもアニメでもいいけど
「名作」と呼ばれる作品は是非見るべきだと思う。
ボクも中二みたいな頃は「マイナー作品の方がかっこいい」とか思って
名作を避けようとした事もあるけどね。それが悪いとは思わない。

・名作が名作たる理由
沢山の人が評価したから。 これに尽きます。
個人個人であれが好きこれが好き言うのは自由ですし、かなり個性が出ます。
それらを統括して、いろんな人の感想を集めて名作評価が成り立つのです。
本とかは10年20年、いや100年以上かけて名作とされているものもあります。
100年以上、何千何万人もの人が一生かけて「これいいぞ」と言ったものを
今の人は数秒、ちょっと検索するだけで判別できるのです。

・名作を好きになる必要はない
見てみたけど案外つまらなかった、微妙だった。
それでもOKです
ただ、見終わった事に意味がある。
長い人生の中で「そういやこういう作品あったな」と知っている事に意味がある。
多くの人の心を動かした作品には、良い意味でも悪い意味でもそういう
人生観と言うほどでなくとも、どこか心を豊かにするものがある気がします。
名作を好きになる必要性はゼロです。感想は自由に書こう。

・全部見なくていい
これめっちゃ大事!
名作100選とかあるけど全部見なくていいです。気が向いたのだけでおk
コンプしようとすると疲れますし、飽きます。
名作は見たほうがいいですが全部見るのは難しいので
きっかけは何でもいいので気になったやつのみ!でいいです。

ちなみに本の名作で言えば「百年の孤独」(ガブリエル・ガルシア=マルケス)
アニメ映画なら「ルパン三世 カリオストロの城」
映画なら「ローマの休日」

がボクのおすすめです。
普通のアニメなら迷うけど「とらドラ!」かな?

コメント

トラックバック